« 「リンゴは医者入らず」 | トップページ | 高飛車性格の晩年 »

2015年5月20日 (水)

ネットの住人より、匂いがする住人

以前、知り合い同士が集まってお喋りしている最中に、ツイッターかSNSブログへ投稿している人がいました。

あとから一緒にいた人に聞いた話ですが、その方は、「お友達と盛り上がってま~す!」というような記事をツイッターやブログに投稿していたとのことです。

実はみんな、ツイッターをしている人に対してあまりいい顔していませんでした。

その方は、その場の現実の人たちより、ネットの住人とのつき合いを選んだのです。

レストランで子供と食事をしているとき、30分以上スマホをいじっているお母さんがいました。

子供と会話もせず、食べながらずっとスマホを見ているのです。
こんなに大切な人が目の前にいるのに。

第二次世界大戦のドイツのユダヤ人収容所で生きてかえった精神科医V・Eフランクルは、収容所から生きてかえろうと気力を失わなかった人は、帰りを待っててくれている人がいたと言っていました。(夜と霧)

帰りを待ってくれる人や、いざとなったら手を貸してくれる人は、ネットの住人ではなく、現実の住人です。

あなたの笑顔も悲しい顔も、匂いも知っている人です。

|

« 「リンゴは医者入らず」 | トップページ | 高飛車性格の晩年 »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事