« 人間関係が不得意な人の共通点は、 | トップページ | 「クロールがきれいに泳げるようになる!」 なりました! »

2015年6月18日 (木)

良い姿勢とは

、不当な緊張を身体に入れてないことが基本です。

私達が思い浮かべる良い姿勢の理想は、モデルのような、胸を張った、堂々とした姿勢だと思うのです。

たしかにモデル姿勢は見た目はすらっとしてきれいです。

しかしそのきれいなモデル姿勢でも身体に余分な緊張が入っていると、身体のどこかが痛くなります。

多いのは腰痛です。特に高いヒールを履いて胸を張ると自然に腰に力が入るので、その姿勢を続けていると腰に負担がかかってきます。

腰の緊張の確認は、立ったまま、自分の腰に手を当てたらわかります。

わからないなら誰かに触ってみてもらってください。

ちょっとぐらい猫背でも、それで身体に不当な緊張が入っていないなら身体への負担は軽くてすみます。

良い姿勢とは、身体に力をいれてつくるものではなく、上から引っ張られているような感じの自然体の姿勢です。

関連記事

  ↓

肩こり腰痛は身体の重心

タイプ別猫背姿勢線をみる

身体の歪みは三つの視点で考える

|

« 人間関係が不得意な人の共通点は、 | トップページ | 「クロールがきれいに泳げるようになる!」 なりました! »

身体の歪み・足・膝・肩」カテゴリの記事