« 良い姿勢とは | トップページ | 一人の友人に対してすべてを満たそうとしない方が »

2015年6月19日 (金)

「クロールがきれいに泳げるようになる!」 なりました!

         

子どもに水泳を教えているのですが、自分が我流だったことに気づき、何か水泳の良い本ないかなと、タイトルを見て本書を選びました。

本書は、クロールに限定はされているものの、「まさに眼からうろこ」でした。
読んでいる最中から一刻も早くプールで実践してみたい気持ちに駆られます。

p14 深く息を吸い込み、肺を浮き袋にする

p28 キックのリズムの「ズン タッタッ」

すべてのページが参考になりました。

速く泳げるようになりたいというより、きれいに泳げるようになりたい。そんな気持ちをぐぐっと掴んでくれます。

いままできれいに泳いでいる人をあこがれの眼で見ていたあなたも、本書との出会いによってあなたががあこがれの眼で見られるかも。(笑)

|

« 良い姿勢とは | トップページ | 一人の友人に対してすべてを満たそうとしない方が »

映画・小説・ノンフィックション」カテゴリの記事