« 病院で死ぬということ | トップページ | ノイローゼは運動すれば良くなる »

2015年6月15日 (月)

調子が良くないときほど「今」を大切に

調子が良くないときは、とにかく今の生活環境を少しでも良くしていくことを考えて行動してみることです。

先のことを考えてよけいな不安を作るより「今」の方に目を向けるのです。

身体の調子が良くないのなら食事を見直し、軽めの運動をして、規則正しい生活を心がけることを行動の基本にするのです。

生活環境や人間関係が複雑で悩んでいるのなら、人生における優先順位を作り、目的のある行動をしてみるだけで世の中がシンプルに見えてきます。

今を大切に生きないと、未来が不安に思え、過去に囚われることが増えてきます。

後悔ばかりが頭をよぎり、自分を責め、人を責める。

いずれにせよ、不必要なエネルギーがどんどん消費されます。

「今を生きる」

今がないと先もない。

|

« 病院で死ぬということ | トップページ | ノイローゼは運動すれば良くなる »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事