« 下ばかり向くクセにも理由がある | トップページ | ストレス対処方法を分けて考えてみる »

2015年7月22日 (水)

私が死ぬ日は決まっている

私は人の寿命は決まっていると思っています。

不慮の事故、事件による死、自殺、病死、老衰死。

人の死は様々ですが、どんな死に方をしようとそれがその人の寿命だと思うのです。

その死は生まれたときからすでに決まっていたことなのです。

松田優作は11月6日に亡くなったのですが、彼に行きつけのバー「レディ・ジェーン」のボトルナンバーは「116」。

松田優作ほどの人間になるとしっかりと寿命の足跡を残すことができるのかもしれません。

また、「数年前から自分が死ぬ日を話していた」と言う話しも多く聞きます。

私は、若くして亡くなった、どんな死に方をした、だから不幸などと思いたくないのです。

「いつ死ぬかは神のみぞ知る」

私の運命は決まっている。

そう思っていた方が「今を大切に生きられる」気がします。

関連記事

  ↓

死の主体性

「いつ死んでもいいと思っているの」。

孤独死で何が悪い!

|

« 下ばかり向くクセにも理由がある | トップページ | ストレス対処方法を分けて考えてみる »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事