« 心と身体が回復するとき心身統合 | トップページ | 「プラトーン」 忘れられないラストシーン »

2015年7月 2日 (木)

布団の持ち上げる時の腰の使い方

腰痛になりやすい人は、腰を反らしたまま身体を動かしていることがあります。

例えば床から物を持ち上げるとき中腰になりますが、物の高さや重さによるのですが腰を反らしたままだと腰に負担がかかります。

布団を持ち上げるときなど腰を反らすのではなく丸めるような感じで、尾骨を尻尾のように丸めて骨盤を立て、同時に下腹部にも少しだけ力を入れます。

布団のような少し重い荷物を持ち上げるときは、このような動作の方が腰の負担が軽くなります。

関連記事

  ↓

なぜ腰痛が長引くのか?疑うべき関節と筋肉

腰・背中の痛みの要因と自分で痛みを解消する方法

 プロの腰痛の治し方

腰痛対策は腹部のインナーコルセット

腰痛を防ぐ重い物の持ち方

|

« 心と身体が回復するとき心身統合 | トップページ | 「プラトーン」 忘れられないラストシーン »

腰痛」カテゴリの記事