« コーヒーや緑茶、1日数杯で長寿効果 | トップページ | どの本を持っていきますか? »

2015年8月11日 (火)

スマホの使いすぎで子どもまで首凝り

慢性的に首が凝るのは、首の筋肉の疲労がとれない状態が長期間続いたからです。

筋肉の性質は、使えば疲れるけど休めば回復するのが特徴です。回復する間もないほど疲れた状態が続くと疲労物質が蓄積し、筋繊維が筋張り、しだいに筋肉は固くなり、慢性的な首凝りとなるわけです。

近年首凝りで悩まれる方が急激に増えた背景は、長時間のパソコン利用やスマホです。
子どもまでも長時間スマホの利用から首凝り予備軍となっています。

前屈みになる姿勢は頭の重さを首の筋肉で支えなければならず、ふだんの普段お3倍負担がかかるといいます。

同じ姿勢が続くと姿勢を維持する筋肉が疲労してきます。

今の時代、スマホやパソコンを利用しないということは難しいので、せめて30分に一回はちょっとだけ手を休めて、胸を反らして顔を上に上げるような前傾姿勢とは反対方向のストレッチを行うことをおすすめします。

姿勢筋は一度固まるとなかなか改善しません。

子どもの頃から予防が大切です。

親はは自分だけでなく子どもも気をつけてあげましょう。

関連記事

  ↓

前屈み姿勢は、首に3倍の負担がかかると言います。

首の姿勢が脳疲れを招く

首こり予防ストレッチは背骨から

首の筋トレはどうすればいい?

首が凝るのは頭が前に出ている首猫背が原因

首がこる人は筋弛緩法の脱力体操~基本の動き

|

« コーヒーや緑茶、1日数杯で長寿効果 | トップページ | どの本を持っていきますか? »

首の痛み・凝り」カテゴリの記事