« お父さんの死に際 | トップページ | バーボンとアルパチーノ »

2015年8月17日 (月)

身体感覚を取り戻す 腰ハラ文化 斉藤孝著

著者の齋藤孝氏はベストセラー「声に出して読みたい日本語」で有名な大学の教授。専攻が教育学、身体論と言うだけあって、中身の濃い内容の本です。

読んだのは10年近く前なのですが、改めて読み返してみるとやはり読み応えのある一冊。ページの至る所に鉛筆で線を引いていました。

身体感覚を喪失した現代人への警笛、腰腹文化の歴史、立つ技、歩く技、座る技。

息の文化や技術、自己形成と感覚、精神と物質、ゲーテの人間観と世界観。

幅広い知識に裏打ちされた説得力のある内容でした。

当時の私は、心と身体、哲学、そして文化的背景など、本書でたくさん知的好奇心を満たされました。

|

« お父さんの死に際 | トップページ | バーボンとアルパチーノ »

本の紹介 健康・心・身体」カテゴリの記事