« 夏ばてしないためには | トップページ | 身体感覚を取り戻す 腰ハラ文化 斉藤孝著 »

2015年8月14日 (金)

お父さんの死に際

ある50代の女性から伺ったご自分の両親の話です。

その女性の両親は80歳前後で、夫婦二人で暮らしていました。

お父さんは日常生活は何の不自由もなく過ごせるものの、心臓が少し弱っていました。

ある朝お父さんは妻に、「いままで世話になったね。君と結婚して本当に幸せだったよ」と感謝の気持ちを伝えました。

もちろん日頃はそんなこと云う人じゃありません。

そしてその晩、寝ているとき静かに息を引き取りました。

お母さんは、お父さんがまだ元気だった頃は何かとお父さんの愚痴を言っていたそうですが、お父さんが亡くなってからというもの、一切お父さんの悪口は言わなくなったそうです。

お父さんが亡くなって数年経ってお母さんは認知症になったのですが、お父さんが亡くなる直前、自分に対して感謝の気持ちを云ったときの話を、何百回と幸せそうに娘に話すのだそうです。

|

« 夏ばてしないためには | トップページ | 身体感覚を取り戻す 腰ハラ文化 斉藤孝著 »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事