« スマホ依存の高校生、心身の不調が3倍に | トップページ | 悩みの種と悩みを作り出す心 »

2015年9月30日 (水)

なぜ痛みが続く!バランス整体学

身体にコリや痛みがあると、その患部を集中して治療してもらうことが多いと思います。

例えばマッサージ店でも肩が凝っていると言えば肩をメインに揉みほぐします。

病院でも膝が痛ければ膝の検査をして膝の治療をします。

しかし身体は例え骨折しても時間をかければ自然に治る力を備えています

それが自然治癒力なのですが、いつまでも治らないとなると、患部だけが原因ではなく、他に原因があって最終的に患部に負担がかかっているとも考えられます。

その他の原因の一つとは”体の歪み”です。

例えば、過去に足首を挫いたとします。しばらく挫いた方をかばいながら歩くと、足首が治った後もかばうような歩き方のクセだけが残ることもあります。

かばう歩き方とは体のセンターラインが左右にずれて重心が傾くということです。

例えば左側重心になると左の骨盤が上がり、左肩が右に比べて高くなります。

左肩が高くなると頭が自然と右側に倒れるので、今度は逆に、頭を左側に倒そうと左肩首の筋肉に力を入れるようになります。(違う歪みパターンもたくさんあります)

そのようなクセができると左肩から首筋にかけて筋肉に張りができ、次第に凝り性の肩になってきます。

このように身体はあちこちの筋肉を緊張させながら頭のバランスを保とうとするのですが、そのバランス調整過程の中で、あるカ所に負担がかかりすぎて痛くなるのです。

ですから患部を治療しても治らないようなときは、身体全体のバランスを整えながら患部の負担を軽くする考えの方が理にかなっているのです。

また、このような状態が続いて本格的に背骨・首が歪むと、脳の血流量にも影響を与えるので自律神経のバランスのバランスが崩れやすくなります。

背骨の歪みは慢性的な痛みを作り、自律神経にも影響を与えます。

身体を整えることは、長い目で心身を整えることにもなるのです。

関連記事

  ↓

肩こり腰痛は身体の重心

タイプ別猫背姿勢線をみる

腰の片側だけ痛いときには

左右どちらかの腰が痛いのは

身体の歪みは三つの視点で考える

前屈み姿勢は、首に3倍の負担がかかると言います。

首の姿勢が脳疲れを招く

首の歪みから自律神経失調症

肩こり腰痛は身体の重心線をみる

なぜ何もしないのに腰・肩に凝りができるのか?

大きな身体の歪みと小さな歪みからの体調不良

  • 肩こりになる姿勢チェック
  • 股関節の痛みと骨盤のねじれ 
  • 歩くときつまづきやすくなった時は 
  • 身体の歪み習慣チェック
  • イラストで姿勢の歪みチェック 
  • 姿勢矯正の本は難しくて肩が凝る
  • 身体の歪み簡単セルフチェック 
  • 肩こりの動作チェック 
  • |

    « スマホ依存の高校生、心身の不調が3倍に | トップページ | 悩みの種と悩みを作り出す心 »

    身体の歪み・足・膝・肩」カテゴリの記事