« 残念ながら地球号の運命は厳しくなっているようです。 | トップページ | その虚しさこそが人生のスタートライン »

2015年9月 9日 (水)

神経の高ぶりと首の緊張

首凝りの原因は、前屈みの前傾姿勢が原因でもあるのですが、首の筋肉に余分な力が入っていると凝りがなかなか解消しません。

施術をしていてもなかなか力が抜けきれず、日頃から無意識に筋肉を固くさせている可能性があります。

筋肉が緊張していると、脳は、「今、緊張する場面なんだ」と勘違いします。

カラダが緊張(興奮)することによって、連鎖反応としての脳の興奮。

寝たくても神経が高ぶって寝られない状態です。

そのような状態が続くと慢性的な脳疲労になってもおかしくありません。

慢性的な首凝りを訴える方は、「夕方になると頭が疲れるのだけど、夜になると神経が高ぶって寝付きが悪くなると」と仰る方もいます。

その状態が続くと、

「集中力がなくなってきた」

「記憶力が急に落ちた」

となるのかもしれません。

|

« 残念ながら地球号の運命は厳しくなっているようです。 | トップページ | その虚しさこそが人生のスタートライン »

首の痛み・凝り」カテゴリの記事