« 「息子へ。」 原子力発電に賛成とか反対とか言う前に、 | トップページ | 残念ながら地球号の運命は厳しくなっているようです。 »

2015年9月 7日 (月)

ついつい子供を叱りすぎてしまう

私は子どもを叱ることがあるのですが、叱るというよりムキになって怒っていることもあります。

後で怒りすぎた自分に自己嫌悪。

それは躾と称した親の権力のみせしめではないかと思うことがあるのです。

冷静に考えるとあそこまで怒らなくても良かったはず。子どもにもわかるようにさとすこともできたはずなのに大きな声で叱ってしまう。

人間的に未熟な自分なんかが親で申し訳ない。 と思うこともあります。

そんなことを思うぐらいなら反省して、次から諭すような躾ををすればいいのに、またついつい怒ってしまうのです。

自分の中の無意識の攻撃性が潜んでいるような気がするのです。それが子どもに対して出てしまっているのではないかと。

そんなことを感じるようになってから、怒っていても怒りすぎないように注意するようにしています。

私は家にいることが多いので、会社員のお父さんと比べて子どもと関わる時間が多いのですが、子どもと拘わっていると否が応でも自分を見つめることにもつながるので、ずるい自分にたくさん気づきます。

自分を知る勉強にもなるのですが、それがけっこうツライこともあるんですよね。

妻が、そう思うということはそれだけ真剣に子どもと向き合っていることだと、励ましてくれるので助かってはいますが。

|

« 「息子へ。」 原子力発電に賛成とか反対とか言う前に、 | トップページ | 残念ながら地球号の運命は厳しくなっているようです。 »

育児」カテゴリの記事