« 「チーム・バチスタの栄光」 海堂 尊著 | トップページ | 痛みを放っておくから気持ちがブルー »

2015年10月 5日 (月)

善と悪の心

人の心には、善と悪が住み着いています。

日頃は善しか見えなくても、ちょっとしたきっかけで悪が表に出てくることもあります。

事件の加害者に対してのご近所さんのインタビューで、「マジメな人だったのに」と、よく聞くと思います。

いつもはマジメでも、ふとしたとき悪の心が出てくるのが人間でもあります。

その悪の心を理性でコントロールすることはできるのでしょうか?

ひょっとして遺伝子に組み込まれていていることなのでしょうか?

だれもわからないことですが、自分の中の悪の存在は無視しない方がいいような気がします。

|

« 「チーム・バチスタの栄光」 海堂 尊著 | トップページ | 痛みを放っておくから気持ちがブルー »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事