« やめられない心」依存症の正体  | トップページ | スマホ依存、心身の不調が3倍 »

2015年11月30日 (月)

人間関係の基本は「相手は変わらない」

私は、夫婦、親兄弟、友人、職場、すべての人間関係の基本的な考えとして、「相手は変わらない」と思うようにしています。

「相手が変わる」ことを期待するということは、今の相手の人間性の否定が入っています。

それより、「相手は変わらず」、その今の相手と、今の自分が付き合えるかどうかを考えた方がいいような気がします。

とはいっても簡単に縁が切れる者同士ならいざ知らず、人間関係で悩む相手は簡単に縁が切れないからです。

しかしいくら身内や近い者同士でも自分とはどうしても合わないと判断すれば、極力距離を取るか、縁を切るより仕方ありません。

でなければケンカしてお互いが共倒れになるだけです。

言っておきますが、これが仕事関係でモラハラなんかで自分には非がないという悩みなら「相手は変わらず」であきらめるのではなく、「相手をぜったい変える」という気持ちを持っていた方がいいと思います。

断固たる態度を取るとまともな人ならひるみます。

自分だけの力じゃなくて、他の人の力を借りるのです。

アドバイスをもらうのです。

それでも変わらないのは人格に著しく問題がある危険な人だから、自分が損をしてもその人から離れるべきです。

くやしいかもしれないけど、人生”負けるが勝ち”ということもあります。

|

« やめられない心」依存症の正体  | トップページ | スマホ依存、心身の不調が3倍 »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事