« 四十肩五十肩が治らないときは | トップページ | 首の硬直は動物の本能 »

2015年12月 4日 (金)

かもめ食堂・めがね もたいまさこ釘付け映画

    

もたいまさこさんほど、不思議な女優はいない。

彼女が画面に映ると、いつも釘付けになってしまう。

最近、もたいまさこさんと小林聡美さん主演映画の”めがね”と”かもめ食堂”のDVDを立て続けに見た。

”めがね”は沖縄が舞台で、女優の小林聡美さんの独特のキャラと、もたいまさこさんのまったりとした感じが沖縄に溶け合っていて良かった。

”かもめ食堂”も同じ監督さんが撮影した映画で、フィンランドが舞台。

小林聡美さんがそこで食堂を始めるのですが、そこに片桐はいりさんともたいまさこさんが出会う。

この共演者の名前を聞いただけで興味が湧いてくるような映画。

片桐はいりさんなんて見てるだけで楽しくなってしまう。

どちらの映画もとくにドラマ性がない。

まったりした内容で、私が20代の時なら見てなかったとおもう。

それにしても、もたいまさこさんはただ立っているだけで絵になる。

そう言えば、寅さんこと渥美清さんも立っているだけで絵になった。 

ひょっとしたら自分も旅先で、この映画のような出会いがあるかもしれないといった気にさせてくれる映画でした。

|

« 四十肩五十肩が治らないときは | トップページ | 首の硬直は動物の本能 »

映画・小説・ノンフィックション」カテゴリの記事