« 「膝が痛くなる歩き方」とカラダの重心 | トップページ | よくわかる臨床心理学 »

2015年12月10日 (木)

「み」がつく悪癖思考 「イヤミ ひがみ ねたみ」

私が思う「イヤなヤツだな~」的ナンバーワンは「イヤミ」な人。

別に私じゃなくてもみんなもそう思うでしょうけど。

じゃオマエはどうなんだ!と言われると、実は私もけっこうイヤミなヤツなんです。(^^;)

ただそれに気づいているから日頃から気を付けるようにしているだけです。

イヤミを言う一番の相手は配偶者です。

それは男女関係ないみたい。

仕事関係や余所では、笑顔で優しそうな人なのに、家に帰るとイヤミたっぷりな人もいます。

そんな配偶者がいたら家の中にイヤな暗さがある。

イヤミは、ねたみやひがみの表現として出てくるので、会話がどうしても人の陰口が多くなるのが特徴。

そんな会話をしてもつまらないから夫婦の会話もなくなり家の中から笑いがなくなる。

そして次のターゲットが娘。

母親の愚痴を聞きながら育って人間不信に陥った女性は少なくありません。

そして次々と攻撃対象を探してくる。

イヤミを言わずにおれないその人の人生の背景には何があったんだろう?

人は、年を重ねるごとにたくさんの「み」がつく人と、「み」が取れてくる人にわかれます。

|

« 「膝が痛くなる歩き方」とカラダの重心 | トップページ | よくわかる臨床心理学 »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事