« フェイスブックの孤独 | トップページ | 「み」がつく悪癖思考 「イヤミ ひがみ ねたみ」 »

2015年12月 9日 (水)

「膝が痛くなる歩き方」とカラダの重心

ウォーキングも歩き方を間違えると、膝や腰に負担がかかります。

日頃から膝や腰が痛くなりやすい人は、立っているときの重心の置き方に問題があることが多いのです。

靴の底の減り具合はどうでしょうか?

外側ばかりが減っていたり、左右で減り具合に差があるようなら立ち方や歩いている時の重心が正しくないと考えられます。

靴底の外側減りが多い人は、立っているときの重心が外側寄りになっています。

正しい重心の置き方は、内くるぶしの下です。(土踏まず辺り)内くるぶしに上には脛骨というスネの骨があります。その骨のラインに重心を置くのです。

靴底の外減りがある人は、脛骨の外側の腓骨という細い方に骨に重心があります。

身体の中心ラインから外側にに離れているので身体のバランスが安定せず、身体が左右にぶれるので膝や腰に負担がかかります。

膝の外側に重心があるから膝の内側がO脚のようにくの字に折れます。だから膝の内側の関節が圧迫されて痛くなるのです。

この立ち方や歩き方の習慣を治さずに膝の治療だけをしても効果は期待できません。

痛くなるのは何らかの原因があります。

「足から年を取る」と言いますが、せっかくのウォーキングも痛くなるようなら中断しないといけません。

膝が痛くなる人は、身体の重心の置き方を見直してみてください。

関連記事

  ↓

肩こり腰痛は身体の重心

タイプ別猫背姿勢線をみる

身体の歪みは三つの視点で考える

  • 足や膝が痛むなら靴をチェック 2012.04.24
  • 膝折れ歩きは胸が垂れる 2012.03.09
  • 名古屋 膝の痛みに効かす整体 2013.02.20
  • 名古屋でひざ痛整体 ひざ痛の原因は首にもある 2012.11.22
  • ひざ痛は腰が関係しています 2013.11.14

  • 「膝の水」と情緒 2013.10.22
  • |

    « フェイスブックの孤独 | トップページ | 「み」がつく悪癖思考 「イヤミ ひがみ ねたみ」 »

    身体の歪み・足・膝・肩」カテゴリの記事