« 激うま おでんカレー | トップページ | 医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣 »

2016年2月11日 (木)

アゴや目、眉間に力が入る

怒っている人や我慢をしている人の顔を想像してみてください。

口を固く閉じ、目に力が入り険しくなっているはずです。

「口は災いの元」と言われ、怒っていることをダイレクトに伝えるとケンカになることもあり災いを呼びます。

だから怒っているときはアゴに力を入れて口を開かないように我慢しているのです。

「目は心の窓」と言います。

怒って口を閉ざした時は、目で怒りを表現します。

だから眉間にしわが寄り、目に力が入るのです。

顔や頭部前面に不必要な力を入れた状態が続くと、頭部の骨同士をつなぐ縫合が固まってきます。

とくにこめかみ辺りが固くなるのですが、ここが疲れてくると頭が疲れてきます。

こめかみや頭部が固まるとなかなか弛みづらいのですが、骨盤の動きと呼吸と頭部を連動させながら緩めていくとしだいにこめかみの圧迫がリリースされてきます。

  関連記事

    ↓

息を殺して、自分を殺して生きてきた彼女の喉

顔の歪みと首の歪み

目の疲れとイライラと肝臓 2010.07.02

|

« 激うま おでんカレー | トップページ | 医者の私が薬を使わず「うつ」を消し去った20の習慣 »

心と体」カテゴリの記事