« 豚バラ肉の大根おろし鍋でぽかぽか | トップページ | 母親との関係の苦しみ »

2016年3月 2日 (水)

夫婦ゲンカもお互いの言い分

があります。

しかしお互い自分の言い分ばかりを通そうとすると、相手の方が悪いということになり、ますます収拾がつかなくなり、その後は冷え切った夫婦。

さみしい。

「あなたの方が変わるべき」と言われ、謙虚に「私が悪うございました」という人はまずいません。

逆に「オマエの方がわるい!」となるか、それができないときは「心をシャットアウト」します。

相手は変わらないが基本です。

相手を必死に変えようとしていた自分が傲慢だったのです。

相手が変わらないことを前提にしてこれからも一緒にいることができる人か、どうかを決めるだけです。

一緒にいると決めた相手ならそのままを肯定してあげた方がよっぽどいい。

そうした方が少なくてもケンカは少なくなります。

ひょっとしたら自分を肯定してくれるあなたに対して心を開いてくれるかも知れません。

もし相手と話し合いたいのなら、まず自分の態度や気持ちの伝え方を変える努力をしたほうが良いと思います。

自分が正論を言っていると思っているほど、相手の人格まで責めていることが多いからです。

もともと思いやりのある人ならいつか気づいてくれるかもしれません。

関連記事

  ↓

今日から夫婦関係が上手くいく魔法の言葉

百万回話しをしたところで理解し合えない人

たまには旦那を励まして

お父さんの死に際 2015.08.14

子どもの自立と夫婦の自立 2015.02.18

離婚前の心の整理 2014.05.08

夫婦で性格が違うからいいのだ! 2014.04.01

  • 年代別の夫婦げんか 2014.03.19
  • 部屋の整理の秘訣は、幸せになる物だけ残すこと 2014.03.10
  • 丸く収める夫婦の絆 2014.02.20
  • 家庭崩壊しないのは夫の鈍感力? 2015.11.02

    |

    « 豚バラ肉の大根おろし鍋でぽかぽか | トップページ | 母親との関係の苦しみ »

    ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事