« 母親との関係の苦しみ | トップページ | 動いて良くなる!腰痛 »

2016年3月 4日 (金)

世界卓球女子団体戦 愛ちゃんガンバレ!

私が子どもの頃の卓球のイメージは「クライ」「マニアックスポーツ」とあまり良い印象がなかったのですが、今や女性の世界卓球がゴールデンタイムで放送されるなんて、時代は変われば変わるものです。

それこれも子ども時代からバラエティ番組などでも親しまれてきた泣き虫愛ちゃんこと福原愛選手の活躍のおかげです。

そんな愛ちゃんも今年27歳。

ここ3年は肘や足の手術したりと故障続きでたいへんでした。

今、世界選手権団体戦をやっているのですが、愛ちゃんは久しぶりの代表復帰です。

今の日本女子のエースは愛ちゃんより若い石川かすみ選手で、実力も人気もある選手です。

またその下には中学生の伊藤みま選手がいます。

これまたとんでもないほどの実力とスター性を秘めていて、彼女の世代になったら絶対王者の中国にも勝てるようになるのではないかと期待ができるほどです。

ちなみに伊藤選手は同学年の平野みう選手に日本選手権では負けているのですからこの世代の実力の高さはかなりです。

とうぶん女子卓球の人気は安泰のようです。

昨日、日本女子は決勝トーナメントに出場して、前日同じリーグで闘って負けたドイツを破りメダルが確定しました。

キャプテン愛ちゃんはリーグでのドイツ戦で2敗しました。

愛ちゃんは試合中負けてくるとちょっと考え込んじゃうタイプなのか、何となく悲壮感を感じるんです。

試合後、責任感の強い愛ちゃんが負けて泣いている姿を見ると、こっちまで悲しくなって泣けてきます。

そして昨日宿敵ドイツと決勝トーナメントでまた闘うことになりました。

オーダーを変えて中学生の伊藤選手を一番手に抜擢。

言ってみれば一番プレッシャーのかかるエースの役割です。それで前日にかすみちゃんも愛ちゃんも負けた相手を下すのですから、どれだけ精神面でも強いの!

続いてかすみちゃんは前日負けた相手のエースに完全勝利。さすが日本のエース、たった一日で修正してきました。

3番手に下がった愛ちゃん。

これで勝てば日本の勝利なのですが、相手は前日手も足もでずに負けた選手。ここで愛ちゃんが負けると日本の勢いが止まり、実力のあるドイツが息を吹き返すのは目に見えていました。

しかし我らの愛ちゃん、思い切ったプレーで頑張って勝利!

ふつう勝ったときはガッツポーズをするのですが、愛ちゃんはその場でしゃがみ込んで泣いちゃったんです。

テレビで見ていた私も思わずもらい泣きしちゃいました。

愛ちゃんは見ている人の気持ちも巻き込んでプレーする愛されキャラ。

卓球を知らない人も応援したくなる人柄。

今日は準決勝。

日本女子ガンバレ!

愛ちゃんガンバレ!

|

« 母親との関係の苦しみ | トップページ | 動いて良くなる!腰痛 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事