« ちゃんと「自分で出来る子」に 子育ての参考に! | トップページ | 騒音から耳が硬くなって耳鳴りになった »

2016年3月28日 (月)

マスコミの不倫叩きからみた精神的進化?

テレビ欄をチェックしていたらどの番組も○○氏何人と不倫!みたいなことになってました。

昔から芸能人というか俳優さんや政治家のみんさんって、すご~く男女関係が多いイメージがあります。

「女遊びは芸の肥やし」と言っても許される時代でもありました。

芸能人は一般人にはない特殊な魅力を持っている人ですし、エネルギーもたくさんあるのだからしょうがないじゃん。みたいに雰囲気もあります。

しかし最近は芸能人に対しての感じ方が変わってきて、身近になってきた分だけ、一般人から見た非常識なことは、芸能人だろうと許してはもらえなくなってきているのかもしれません。

しかし一般の人は芸能人の不倫に対して本当に怒っているのかな?

ただマスコミが「世間一般の人が怒っていますよ!」煽っている部分が多いのじゃないのかな。と思うこともあります。

私が怖いなと思うのはマスコミの個人叩きです。

標的が個人となると容赦ないですね。

報道も相手が大企業の不祥事や犯罪となるとちょっとトーンダウン。

本当は芸能人の不倫より伝えなければいけないことはだくさんあるはずなんだけど、それじゃスポンサーがいなくなる心配があったり、芸能人の不倫叩きの方が視聴率がとれるのかな。

ある芸能人が「怖くて外に出れないから、仕事以外はほとんど家にいる」と言ってましたが、今は一億総マスコミに近い時代ですから芸能リポーターだけ用心していればいいというわけにはいかなくなってきてたいへんです。

今は芸能人に限らず、スポーツ選手でもちょっとでも活躍するとマスコミの標的にもなりますし、人権無視的扱いをされることもあります。

一般人でも仕事によっては勝手に動画や写真撮られてネットに公開される時代です。

私はそんな時代に慣れそうもありませんが、そんなことも気にしないようになるのが時代の変化に対しての順応性であり、生命力であり、精神的進化になるのかもしれません。

|

« ちゃんと「自分で出来る子」に 子育ての参考に! | トップページ | 騒音から耳が硬くなって耳鳴りになった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事