« 運動療法を続けるコツ! | トップページ | 寛容な心 »

2016年4月 1日 (金)

「夕焼け小焼け」 異色な寅さん映画でした

                           

5歳の頃、海岸から遠い島を見て、「どんなところなんだろう。行ってみたいな~」とおもった記憶が鮮明に残っています。

だからなのか、旅をする寅さんが好きになり、ぼくも若い頃は旅をするようになりました。

そんな寅さんシリーズでも、この「夕焼け小焼け」は異色です。

居酒屋で、払う金を持ってなかった国宝級の画家(宇野重吉)が、寅さんに助けられて、二人は意気投合していきます。

お金のためには絵は描かないという画家を、困った芸者さんを助けるためだと、寅さんの剣幕によって絵を描くはめに。。。

そのシーンがなんとも言えず、おもわずほろっと涙が出てきました。

いつも恋愛の失敗で終わる寅さん映画だけど、この映画はちょっとちがいます。

|

« 運動療法を続けるコツ! | トップページ | 寛容な心 »

映画・小説・ノンフィックション」カテゴリの記事