« 「海遊びの極意」 海好きにはたまらん! | トップページ | 天使の羽が消える肩甲骨猫背 »

2016年6月27日 (月)

助け合い精神

元女子サッカー日本代表のキャプテン澤さんが、テレビで「PKは蹴らない」と言っていました。

 

過去の大会でPKに失敗して、それから「蹴らない」と決めたそうです。

つまり自分はPKが苦手だからPKの得意な他のチームメイトにまかして、自分はグランドのプレーに集中するといった考え方です。

それなら日頃の練習も、PKの練習時間分だけ他の練習に使えます。

 

 

チーム全体を考えれば「お互いの短所を補い個々の長所を活かす」ことでプラスになることが多々あります。

 

もちろん度量のある監督が澤さんの考え方を認めてくれことも大きいと思います。

 

これを組織に当てはめてみましょう。

適材適所が上手くいっている組織は循環が良い。それに比べてお互いの短所を指摘しあう組織は足の引っ張り合い状態になっています。

 

家庭でも同じことです。

家事も仕事も男女の役割と決めつけるのではなく、できる方がする。そういった考え方だと、助け合い精神の良い関係になっていくと思うのです。

 

お互いの助け合い精神があってこそ組織、家族の意味があるような気がします。

 

 

 

|

« 「海遊びの極意」 海好きにはたまらん! | トップページ | 天使の羽が消える肩甲骨猫背 »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事