« 「子どもの頃父親がものすごく厳しかった」 | トップページ | 比較地獄 »

2016年7月 8日 (金)

まほろ駅前多田便利軒 三浦しおん

                        
表紙の松田龍平と瑛太がカッコ良かったので気まぐれで思わず買っちゃいました。
東京郊外で便利屋を営む多田(瑛太)と、そこへころがりこんできた元同級生の風変わりな行天(松田)。
ヤクザがからんだり、犬の飼い主探しをしたりと私立探偵のノリで、ちょっとわけありな二人の軽そうで軽くない会話が妙におもしろい。
松田龍平の影のある雰囲気がいいんです。
 
秘めた狂気を感じるんですね。
 
私は、まほろ駅前の連続テレビを先に見て、映画を見て、それから本にいったので、読書しながら松田龍平と瑛太のイメージができて、より夢中になれました。

|

« 「子どもの頃父親がものすごく厳しかった」 | トップページ | 比較地獄 »

映画・小説・ノンフィックション」カテゴリの記事