« 呼吸と心と身体の関係 | トップページ | 「子どもの頃父親がものすごく厳しかった」 »

2016年7月 6日 (水)

南米ウルグアイ前大統領のホセ・ムカヒ氏は

「世界でいちばん貧乏な大統領」として親しまれていました。

 

ムカヒ氏は、

 

貧乏とは多くの物を必要とすること

 

「お金は一定の時間と引き換えていて、家族や子供と過ごす時間を削って消費している。それは家族に愛情を注ぐ時間を消費している。」と仰っていました。

 

ただ、現在の日本社会ではお金がないと苦しいのが現状です。

格差社会がますます広がる世の中では、「社会の共同体で同じ仲間」という気持ちが希薄になってきています。

 

負け犬は能力がないから、努力が足りないからと一刀両断。

 

儲かりさえすれば偽造も人の使い捨ても何でもありの世の中と言っても過言ではありません。

 

 

我々は、何かを犠牲にして、どこまでお金を求めるのでしょうか?

 

人間の飽くなき欲望は幸福を呼ぶのでしょうか?

それとも破滅へと向かうのでしょうか?

 

 

|

« 呼吸と心と身体の関係 | トップページ | 「子どもの頃父親がものすごく厳しかった」 »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事