« 首が細い人は骨がズレやすい | トップページ | うつ気分と右脳と左半身症状の関連性 »

2016年8月30日 (火)

先日、父親が言うことを聞かない息子刺す事件

がありました。

 

私も子供に対してたまにカッと頭に血が上る時もあるので、人ごとではありません。

 

この事件を機に、親としてもう一度子育てを見直さなければならないと思いました。

 

今の時代の親の多くが、「成績」に期待を寄せていると思われます。

 

そこで過剰な親は勉強する子が良い子で、勉強しない子は悪い子と決めつけ、勉強できたら愛してあげるし、ほめても上げるが、勉強できなかったら親の期待に応えない罰として愛さないといった駆け引きに利用することもあります。

 

これは多くの心理カウンセラーが指摘していることです。

 

その駆け引きによって勉強はできる子になることが多いのですが、自己肯定感が育まれず人間不信となることもあるそうです。

 

安定した仕事につけた、大きな会社に入れた。

それはそれで喜ばしいことでしょうが、それが愛情の駆け引きから手に入れたものだとすると、それが人生の幸福につながる可能性は低いのかも知れません。

 

親は子供を自分のエゴのために利用しがちです。

子供に親の理想をおしつけすぎることもあります。

 

そして思い通りいかなくなると暴力や精神的暴力によって子供を操作しようとすることもあります。

 

人間は隠れた攻撃性を持っています。

 

親となった以上、自分のコンプレックスからくるエゴや欲求から目をそらさない方がいいような気がします。

 

最近思うのですが、子育てって、覚悟が必要なんですね。

 

 

|

« 首が細い人は骨がズレやすい | トップページ | うつ気分と右脳と左半身症状の関連性 »

育児」カテゴリの記事