« そろそろ夏の疲れがたまってくるころ | トップページ | やばい、熊!? »

2016年8月19日 (金)

土の中の子供 芥川賞受賞作

         

最近の脳科学でも子供の頃のトラウマとなる出来事が、大人になってからのストレスに対しての忍耐力に影響することが証明されました。

 

本書の物語の主人公は、生きる気力が感じられない27歳のタクシードライバー。

 

親に捨てられ、孤児として虐待されてきた子供時代が影響してか、生への執着が感じられない。

 

人間の心を作っていく過程で光を失うことが、どれほど人生に影響するかということを、小説として深く掘り下げた作品でした。

|

« そろそろ夏の疲れがたまってくるころ | トップページ | やばい、熊!? »

映画・小説・ノンフィックション」カテゴリの記事