« レギュラーを外された親の行動 | トップページ | やる気を出せないのはねこ背のせい! »

2016年9月 9日 (金)

「池上彰の宗教がわかれば世界が見える」感想

          

わかりやすい説明で定評があるジャーナリストの池上氏が、宗教の専門家と対談をしながらわかりやすく宗教全体のことを教えてくれます。

人はなぜ宗教を求めるのか?

仏教、キリスト教、イスラム教、神道、ユダヤ教まで、世界を理解することは宗教を知ることでもあります。

戒名でいろいろ差別して、~~有名人だと五百万円の戒名料とかあったぐらいで。それはすごく矛盾しているんじゃないかと。P79

老舗の会社を経営している知り合いは、親の葬儀で五百万円の戒名料を払ったと、ぼやいていました。

だから昨今葬式はしないという方が増えてきているのでしょうね。

私が死んでもお金かかるなら葬式はしなくてけっこうと言っています。笑

養老さんとの対談がおもしろかった。

欧米で無宗教と言えば、それは「アンチ・キリスト」~

イスラム圏で無宗教といったら、「反宗教」 ~ 

日本人は、~ もう少し曖昧で。

作家のC・W・ニコルさんが、「日本に来ていちばんよかったことの一つは、宗教からの自由だ」と言っていることです。P243

へぇ~ そうなんだ~。

一神教ってたいへんそうなとこたくさんありそうだもんね。

あるタクシーの運転手さんが、「和尚死んだらどうなるんでしょうか」。と質問したら、「死んだらおしめえよ」と言い返してと(笑)。p249

わかりやすくていいですね。

|

« レギュラーを外された親の行動 | トップページ | やる気を出せないのはねこ背のせい! »

映画・小説・ノンフィックション」カテゴリの記事