« ほんわかありがとう | トップページ | うますぎ!焼き鮭と目玉焼き丼ぶり »

2016年10月26日 (水)

親子でストレートネックにならないために

人間がほかの哺乳類と大きく違うのは脳の大きさです。

それを入れる頭蓋骨も大きく重いのですが(約5~6キロ)、二足歩行になっていった体の進化の過程で、首の組織が構造的にそれほど発達していないと言われています。

 

とくに最近は、パソコンやスマホなどの普及によって姿勢が崩れ、ただでさえ強くない首に負担がかかりやすくなっています。

背骨は体の横から見ると背骨全体でS字にわん曲しているのが正しい姿勢ですが、パソコンやスマホを操作する時の前屈み姿勢が長時間続くと、腰から背中が丸くなって顎が上がってきます。

そのとき後頭部と首の間にある筋肉が収縮しているのですが、筋肉が習慣的に収縮され続けると、緊張し、そして筋肉の質そのものが硬くなって短縮してきます。

その結果起こるのがストレートネックです。

背骨の正常なわん曲がなくなった状態で、頭の重さを支えるため首の筋肉やじん帯に負担がかかります。

 

その状態が長く続くと関節や椎間板が変形することもあります。

 

そうなってくると本格的な首の歪みです。

何年もかけて作られた歪みは数回施術を受けただけでは治りません。

体の歪みや崩れた姿勢は自分だけの問題ではありません。

親のそのような姿勢を子供は無意識に真似をします。

 

その結果親子で姿勢は歪み、まるで遺伝のように首肩の凝り、腰痛がとなることもあります。

親なら子供の食事中の姿勢に注意すると思います。

しかし自分の姿勢がわるくて子供の姿勢に注意してもいまいち説得力がありません。

自分だって姿勢わるいじゃないか!と言い返させるのがオチです。(笑)

 

 

子供のためを思うなら、自分の姿勢にも注意してください。

 

 関連記事

    ↓

ガンコな首肩こりは首の関節に問題があった! 

  • 首が凝るのは頭が前に出ている首猫背が原因

    ストレートネックでめまいや吐き気

  • 前屈み姿勢は、首に3倍の負担がかかると言います。

    首が細い人は骨がズレやすい

     

    首のゆがみは本当に怖い 

    猫背と首の凝り

    スマホの使いすぎで子どもまで首凝り

    スマートフォンの姿勢からくるストレートネック健康被害

    首が凝るのは頭が前に出ている首猫背が原因

    筋金入りの頭痛持ち、ストレートネックが原因では?

     

    |

    « ほんわかありがとう | トップページ | うますぎ!焼き鮭と目玉焼き丼ぶり »

    首の痛み・凝り」カテゴリの記事