« 肩腰が凝る。風邪をひきやすくなったら注意! | トップページ | 「永遠平和のために」で有名な哲学者のカントは、 »

2016年12月16日 (金)

映画「まほろ駅前狂騒曲」の感想

        
 
 
まほろで便利屋を営む多田啓介(瑛太)と、居候の同級生、行天春彦(松田龍平)のコンビの掛け合いが何とも面白いんです。
 
私は松田龍平の「よくわからない」不気味さが以前から好きだったんですが、この映画は松田龍平の個性がいかんなく発揮されていて、瑛太演じる真面目な多田とのコンビの間が絶妙です。
 
そしてほかの俳優陣も個性豊か。
 
とくに弁当屋を営む俳優大森南朋の演技が好きで、そのシーンだけ何度も見ました。
 
 
原作も面白ければ、連続テレビドラマ、映画第一弾からずっと期待を裏切りません。
 
いつまでもシリーズとして続けてほしいな~。
 
 

|

« 肩腰が凝る。風邪をひきやすくなったら注意! | トップページ | 「永遠平和のために」で有名な哲学者のカントは、 »

映画・小説・ノンフィックション」カテゴリの記事