« 喉の詰まり圧迫感の解消方法 | トップページ | 隠れねこ背腰痛では? »

2017年1月20日 (金)

焦りがさらなる失敗をつくる 

今思い返すと、私の人生の失敗は焦っていた時の決断だったような気がします。

 

もちろん今こうして何とか生きているのですから結果オーライなところもありますが、おおよそ焦ったときの決断はいいことがありません。

 

しかし焦りやすい人は行動が早いという良い面もあります。

 

例えば、片付けが早いとか、遅刻が少ないとかです。

 

焦りやすい人は、人の目を気にしています。

 

ちょっとしたことでも人に迷惑かけているのではないかと気持ちが急くのです。

 

行動が早いという良い面はあっても、焦りが習慣化してくると、人生追われているようになるので心がリラックスできません。

また焦りが日常化すると、思考が反射的判断となり、いざ問題にぶつかったときに「ちょっと待てよ」と、深く考えることができなくなります。

 

 

昨今電話詐欺が横行しているのは、この焦りの心理を利用しているからです。

考える習慣があると、息子が破廉恥なことをしたとしても、「社会人なのだから自分で責任をとりなさい」「カネで解決するより相手に謝罪すべき」「本当に息子かな?」と思考に余裕がでてきます。

焦るから引っかかるのです。

次第に自分の判断に自信がもてなくなります。

もし、自分が焦る方だと思うのなら、日ごろから焦りの裏の心理を考えてみるのもいいと思います。

 

|

« 喉の詰まり圧迫感の解消方法 | トップページ | 隠れねこ背腰痛では? »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事