« ストレスに負けない技術 コーピング | トップページ | 30年連れ添った夫を亡くした人が、 »

2017年5月29日 (月)

人間関係の悪玉ストレスで首がガチガチになる

試験や試合、緊張を強いられる仕事、人前で喋るときなど、肩や首に自然と力が入ります。

.

これらは精神的な緊張からくる固さです。

 

.

動物なら外敵による身の危険を感じている状態です。

.

すぐ逃げられるための準備段階。

.

しかしこのような緊張は毎日は続きません。ある意味善玉ストレスで、成長材料となります。

.

しかし、もし、

.

職場ですごく嫌な人がいる。

.

隣の住人が神経質で攻撃的な人。

.

夫婦で内戦状態。

.

もう毎日が悪玉ストレス緊張の連続です。

.

私の知り合いやクライアントさんでも、かなり悪玉ストレス緊張状態の人がいます。

.

みなさん、首も肩もガチガチで、腰痛持ちで、眠れない、耳鳴りがする、動悸や、ウツなど、不定愁訴がたくさんです。

.

施術をしてもなかなか緩まないし、すぐ首や肩の硬さは戻ります。

.

仕事を辞めるのも、引っ越すのも、離婚をするのも日本ではどれもたいへんな決断が必要です。

.

だからみんな悩み、解決しづらいストレスを抱えるのです。

.

もし日本が、離婚も転職も簡単にできる国なら、ウツも半分以下に減るともいわれています。

 

.

悩みの問題に対して思い切った決断をして、環境を変えることでプラスになった人もけっこういます。

.

引っ越しなどは経済的問題だけなので、賃貸なら即引っ越しをお勧めします。

.

仕事自体はOKだけど、職場の人間関係だけの悩みなら、配置換えを申し出て数年我慢とか、こっちからも反撃するとか、味方を付けるなど、作戦も立てられます。

 

.

夫婦の内戦状態は決断がキツイです。子供のことを思って我慢している人がどれだけ多いことでしょうか。

.

首が硬いのは、身体に力入れて毎日踏ん張って生きている証拠です。

.

問題を解決しない。

.

ストレスを抱えながら生きるという選択をして生きているのです。

 

.

関連記事

  ↓

痛みが心を助けることも 

  • 痛みと向き合う心身相関学
  • 痛みに敏感なのは心身相関が強いから 

    姿勢と精神状態

    |

    « ストレスに負けない技術 コーピング | トップページ | 30年連れ添った夫を亡くした人が、 »

    心と体」カテゴリの記事