« 梅雨時期の熱中症予防のポイント | トップページ | 反り腰の人がヨガをやって腰痛 »

2017年7月19日 (水)

ネガティブな愚痴を聞かない方法?

 友達同士での会話の中の他愛のない愚痴を言い合うのはストレス発散にもなって楽しいのですが、気が合いそうもない人のネガティブな話を聞くと疲れて当たり前です。

相手のネガティブな考え方をポジティブな考え方に切り替えられるような方法はあるのか?

 

そんな質問を受けたことがあるのですが、私は「ない」と答えました。

 

自分が相手のネガティブな話を聞けるかどうかの問題です。

 

私に質問してきた人は、そのネガティブな話を聞きすぎて自分が苦しくなったのです。

根が優しいから、何とかポジティブになって欲しいと思い、話を聞いて一生懸命アドバイスしようと頑張りすぎて自分のココロの容量を超えたのです。

 

アドバイスする方法や話を切り替える方法はたくさんあります。

 

義務的な話だけ聞いて早めに去る。

 

なんでもいいから話を強引に切り替える。

天気いいね!

雨降るかな?

 

スマップ解散したね。

相手に興味があろうがなかろうが、話を聞きたくないことを気づいてもらうために強引に話題を変えるのです。

つまり話題を変える方法などいくらでもあるし、そのテクニックが問題なのではなく、つまり自分が相手の話を聞きたいか、聞きたくないか、聞けるのか、聞けないのかの問題なのです。

 

自分の本心を無視して、いい人ぶって聞いていたんじゃ自分が疲れて当たり前です。

 

これは薄情というのではなく、相手のためでもあります。

自分より、この人にとってためになる人がどこかにいると思えばいいのです。

 

自分にない技術を出せと言われても無理な話でしょ。

人に嫌われることを恐れてはいけません。

|

« 梅雨時期の熱中症予防のポイント | トップページ | 反り腰の人がヨガをやって腰痛 »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事