« 「だれかを見返す」思いからきた努力はなかなか続かない。 | トップページ | 「顔はほてるけど手足が冷たい」 »

2017年7月27日 (木)

丸まった腰の人がヨガで腰痛

前回、反り腰の人がヨガをやって腰痛の記事を書いたのですが、今回は反り腰とは反対の「丸まった腰」の人が、ヨガで腰を反らすポーズをやって腰痛になった場合を説明します。

.

反り腰が、丸まった腰かどうかを確認するには、床で仰向けになって寝てください。

.

腰が丸まっている人は、手のひらが腰と床の間に入りません。

.

動作の特徴として、椅子に座ったとき自然と腰を丸めるクセがあります。

.

 

このような丸まった腰は、腰の筋肉が伸びて固まっているので、筋肉の収縮する力が弱くなっています。

.

 

ヨガは腰を反らすポーズが多いのですが、日頃から腰の筋肉が伸びている人が無理に腰を反らすと、筋肉にある神経のセンサーがびっくりして過緊張を起こすのです。

.

 

専門用語ではこの筋肉の過緊張のことを筋スパズムと言うのですが、スパズムを起こした筋肉はストレッチでは緩みません。

.

逆にストレッチを無理に伸ばすとその刺激でよけいに過緊張を強めることもあります。

.

 

ぎっくり腰も無理して動いたら痛いでしょ。

それと同じ理屈です。

 

.

整体の技術では、このような筋肉のスパズムによる腰痛の場合は、伸ばすのではなく、縮めて緩ませるような技術があります。

.

筋肉を縮めることで、筋肉の内にある神経の感覚受容器に、筋肉が必要以上に縮まっていることに気づかせることによって、筋肉自ら緩め始めるのです。

.

人の心も「気づき」によって成長していくのですが、身体も無意識の緊張を気づかせることで余分な緊張を取り除くことができます。

.

    関連記事

      ↓

なぜ腰痛が長引くのか?疑うべき関節と筋肉

女性の腰痛 2013.02.06

反り腰か、猫背腰で痛いのかで 2012.05.07

 反り腰の人がヨガをやって腰痛

腰が痛いから前屈みになってよけいにわるくなる

|

« 「だれかを見返す」思いからきた努力はなかなか続かない。 | トップページ | 「顔はほてるけど手足が冷たい」 »

腰痛」カテゴリの記事