«  お互い野暮はよしましょうぜ! | トップページ | つながり社会のくたびれ感 »

2017年9月 1日 (金)

腰が丸まっている人の特徴と腰痛対策

反り腰とは反対の丸まった腰の人は、ソファや電車の座席に座ると両足を前に投げ出すように座ります。

そのような座り方は見た目もよくないし、腰にも負担がかかります。

 

丸まった腰は骨盤が後傾して背骨(腰椎)も猫背のように丸まるので、腰猫背とも言うのですが、骨盤を後傾させる要因となっている筋肉のひとつがハムストリングス筋です。

 

 

太ももの後側にある筋肉群で骨盤の後に付着しているので、この筋肉が短縮すると骨盤を後ろに傾けさせます。

その骨盤の後傾に連動して背骨が丸くなるのです。

 

 

背中全体が丸まると背筋は伸びたまま硬くなります。

 

伸ばし続けたゴムは劣化が早いのと同じで、筋肉も伸ばし続けると弾力性のない筋張った筋肉となります。

 

そのような状態が続くと筋肉の質そのものが変わってくるので、いざ良い姿勢になろうとしても伸びて硬くなっている筋肉では正しい姿勢を保つことできません。

 

だから椅子に腰かけるとすぐ腰を丸めて足を投げ出したくなるのです。

 

そしてこの姿勢を取り続けると筋肉の質が低下し慢性腰痛。

  

腰をマッサージしたぐらいでは効き目がありません。

 

 

このような丸まった腰痛を改善するための方法としてハムストリングス筋のストレッチが効きます。

 

 

骨盤の後傾を正し、背骨を反らす体操を繰り返すことで、丸まった腰が徐々に改善してきます。

 

 

関連記事

  ↓

なぜ腰痛が長引くのか?疑うべき関節と筋肉

女性の腰痛 2013.02.06

反り腰か、猫背腰で痛いのかで 2012.05.07

丸まった腰の人がヨガで腰痛

|

«  お互い野暮はよしましょうぜ! | トップページ | つながり社会のくたびれ感 »

腰痛」カテゴリの記事