« 将棋の子 | トップページ | 子供が大人になったときの能力 »

2017年9月25日 (月)

ストレッチは寝る前がいい

一日のうちでストレッチを行う理想の時間帯は、お風呂上がりと寝る前です。

 

朝寝起きの時はまだカラダは固まっています。

 

そのような時強引にストレッチをしたとしても筋肉は伸びません。

しろ緊張してマイナスです。

朝はストレッチより、体操やウォーキングなどがおすすめです。

お昼は、どちらかというと心拍数が上がるような運動、筋トレやジョギングがおすすめです。

夜寝る前に心拍数を上げると、興奮して眠りづらくなりますから。

仕事から帰って、お風呂から上がった後、リラックスしている状態でストレッチをすると身体も緩み、筋肉も伸びやすくなります。

 

ストレッチは伸ばそうと力むのではなく、脱力状態で呼吸を止めないようなにすることがコツです。

 

関連記事

 

  ↓

 

その痛みはストレッチをしても逆効果 2013.11.27

慢性的な肩こりの人はストレッチではなく脱力体操をするといい 2013.03.18

 

”感じるストレッチ”のコツ 2011.10.15

  • 筋弛緩法 2011.10.05
  • ストレッチで筋肉を伸ばそうとしない 2011.05.23
  • ストレッチをやりすぎて関節が 2011.04.01
  • ストレッチで筋肉を痛めることもある!  2011.01.20
  • ストレッチで筋肉が硬くなる 2010.12.23
  •  

     

    |

    « 将棋の子 | トップページ | 子供が大人になったときの能力 »

    メンテナンス方法」カテゴリの記事