« とにかくしんどいとき | トップページ | ワタシことはほっといて! »

2017年10月10日 (火)

心の緊張から筋肉の興奮状態

大勢の前での発表会や、重要なプレゼン前、大会など、プレッシャーから精神的に緊張します。

前の日から気分が高ぶって眠れないこともあると思います。

このようにプレッシャーを感じているときは筋肉も緊張しています。

 

通常より交感神経(活動・緊張の神経)が高ぶっているのです。だから夜になって、いつもなら副交感神経が高まって眠くなるはずなのに寝れないのです。

交感神経が高まると筋肉が緊張します。

いつでも戦闘態勢に入れるための準備です。

 

原始時代に獣に恐れていた時代と同じことですが、今の時代は命の危険というより、自尊心を守るための緊張度が強いのですしょうけど。

このように心の緊張から身体も興奮してきだしたら、身体を適度に動かしてリラックスすると身体の興奮が落ち着いてきます。

軽い体操やストレッチ、ヨガ、軽めのウォーキングなどを頑張らずにリラックスしながら行うと、神経の高ぶりが正常に近づき、心の次第に落ち着いてきます。

もちろん人それぞれの体質の癖があり、一度興奮するとなかなか治まらない人や、緊張しやすい人、想像力豊かで自分から余計な緊張を作る人、様々な方がいます。

私は一度興奮するとなかなか治まらないタイプなのですが、寝つけがよくない時、家のマッサージ器でほぐすと気分が落ち着いてきます。

身体を軽く動かす、深い呼吸、音楽、アロマ、マッサージ、自分に合うものを探してみてください。

  

  関連記事

 

    ↓

脱力ぶらぶら体操 更年期障害・自律神経失調症に効果的

筋弛緩法

硬直について

 

心理的緊張から身体的緊張の慢性化

緊張し過ぎる癖を治したい!

”感じるストレッチ”のコツ

筋肉の緊張にも種類があります

|

« とにかくしんどいとき | トップページ | ワタシことはほっといて! »

心と体」カテゴリの記事