« 「死ぬ気まんまん」と「老嬢は今日も上機嫌」エッセイ | トップページ | 生存率0%を生き延びた男 »

2017年11月18日 (土)

正しい姿勢を目指すには拮抗筋!

姿勢をチェックするときは、関節(骨の配列)や筋肉、その筋を覆っている筋膜の硬さや短縮の有無などを身体の左右前後と比較しながら見ていきます。

不良姿勢になっている場合、固まっている箇所がどこかにあります。

不良姿勢の改善方法として、短縮された硬い部分をストレッチなどで伸ばす方法がありますが、さらに正しい姿勢を目指すには、硬い筋肉の拮抗筋を強化していく必要があります。

拮抗筋とはこの場合硬い筋肉の反対側を指します。

例えば、猫背姿勢の場合、胸側が短縮されています。

ですからその縮こまった胸筋を伸ばすストレッチをするのですが、それと同時に拮抗筋である背部の筋肉を鍛えると、正しい姿勢を維持しやすい身体となっていくのです。

そうするといつのまにか自然と正しい姿勢が取れるようになります。

硬く短縮された筋肉は伸ばし、その反対側にある拮抗筋を鍛えることで、身体を支える機能が強化されるのです。

|

« 「死ぬ気まんまん」と「老嬢は今日も上機嫌」エッセイ | トップページ | 生存率0%を生き延びた男 »

身体の歪み・足・膝・肩」カテゴリの記事