« 生存率0%を生き延びた男 | トップページ | 好奇心の低下、感情の老化 »

2017年11月24日 (金)

本当はひどかった昔の日本 大塚ひかり著 読んでよかった一冊

古典文学で知るしたたかな日本人

 

「昔は良かった」など、古き良き昔への憧れは誰しも持っていると思います。

しかしその事実は、平安時代から江戸~明治でも、今と変わらぬ問題を抱えていました。

古事記では、育児放棄、今で言うネグレクトのことも書かれていますし、捨て子やそれにともなう”捨て子ビジネス”もあったり、”口減らし”といって幼児のうちから奉公に出されることも明治まで続いていました。

五代将軍徳川綱吉の生類憐れみの政策にしても、犬や動物ばかりが有名ですが、人間の捨て子や捨て病人を禁止する政策でもあったのです。

政策として打ち出さないといけないぐらいに弱い人間は粗末に扱われていたということです。

 

また、”姨捨の伝承”もあり、60の木の股と言って、60歳になると山奥の木の股(間に)捨ててくるといった伝承もありました。”老醜”と言って、”老いてはべれば醜きぞ”と源氏物語でも書かれているほど、老人はやっかいものとして見られていました。

昔から老人介護の問題があったということです。

 

その他、いまでいうブラック企業問題も、奴隷的な存在もあったり、人身売買も遊郭に売るという一部の話しだけでなかったそうですし、現代の電車内ベビーカー論争も、昔から隣の家の夜泣きがうるさいなど、あったそうです。

余裕がある特権階級以外では子どもや妊婦、老人は食費がかかるのに労働できないというやっかい者として扱われていた節もあります。

1918年に書かれた「精神病者私宅監置の実況」という本では、精神病の半数は治療を受けることもなく、警察や自治体に届ければ座敷牢に監禁することもできたそうです。

窓のない部屋や鎖につながれていたり、入浴などもさせず、実際ひどいものだったそうです。

 

また、昔を美化することで一番多いのは、”地域の助け合い”など人とのつながりだと思うのですが、実際、日常品の貸し借りが多かったり、家族地域の絆が強いほど、自殺率が高いとのことです。

それは一度排除されると死活問題となり、”和を持って尊しとなす”の陰の方が出た結果だと思います。

 

よくいまの60代から70代ぐらいの方たちが、「昔はよかった」と言いますが、

戦争を考えてみてください。徴兵制で人を殺さないと、後ろから見方に撃たれるのですよ。

戦国時代から昭和の戦争も、敵前逃亡する兵士を殺す役目の兵士がいました。

 

姑が勝手に離縁することもあったし、結婚の相手も自由に決められず、家同士の政略結婚や姑が勝手に離縁させることもあったのです。

ちなみに死別ではない離婚率は今より高かったし、17世紀ぐらいまで特権階級しか結婚できなかったのです。

 

それに比べて今の日本は良いですよ。徴兵制もなければ恋愛も結婚も自由です。

本書を読めば、今の日本社会は昔に比べるとはるかに良いということがわかってきます。

 

昔は良かったというのは、良い家族に、”自分は恵まれていたのだ”ということなのではないでしょうか。

|

« 生存率0%を生き延びた男 | トップページ | 好奇心の低下、感情の老化 »

映画・小説・ノンフィックション」カテゴリの記事