« 気持ちが落ち込むから「首を垂れる」 | トップページ | たった一回きりの人生じゃないか »

2018年1月25日 (木)

「五感力」を育てる 齋藤孝 山下柚美著

     
 
.
ノンフィックション作家の山下柚美氏「五感喪失)と、「声に出して読みたい日本語」の著書で有名な齋藤孝教授との対談を本にまとめたものです。
.
触れるや匂う、聞く、見る、味わう、を通して、自分というものを感じ、その存在を無意識に肯定して生きている。
.
本書のキーワードとして、「自己肯定感」があります。
.
P25 山下「五感を」フルに使って自分自身をしっかり感じられると肯定感につながるし、それによって他者と自分を比較することからも逃れられることができる。
.
心の問題は心の教育と思いがちになるのですが、身体から心の教育といった目線は、 幅が拡がっていいですよね。
.
ADHDなど、落ち着きのない子どもに、揺れる遊具で平行感覚を刺激することによって、落ち着きを取り戻し、姿勢を保持できる時間が長くなる。といった作業療法士さんの話しなど、大人の姿勢にもつながる話しだったので興味が湧きました。
.
日本人の身体文化に造詣が深い齋藤氏と、「五感」を取材してきた山下氏の対談は、 子育てや教育、今私たちが喪失しかけている「自己肯定感」など、幅広い会話となり、 おかげで知識の幅が拡がりました。
.
内容は、対談方式なので難しくはありません。
.
心身統合を勉強している私にとって、本書は共感できる箇所が満載でした。

|

« 気持ちが落ち込むから「首を垂れる」 | トップページ | たった一回きりの人生じゃないか »

本の紹介 健康・心・身体」カテゴリの記事