« ウツになると好きな本も | トップページ | 巻き込みゴリラ肩猫背改善方法 »

2018年4月27日 (金)

ボクは好奇心のかたまり

思い出すのが中学生の頃兄にすすめられて読んだエッセイ、遠藤周作氏の「ボクは好奇心のかたまり」。

.

活字を読んで笑ったのは初めてで、それから本を読むようになったような気がします。

.

私の中で「好奇心」が生きる気力になるキーポイント。

.

齢を重ねる毎に自分の中から好奇心が薄れていく。

.

それと同時に気力が減少してきている。

.

それが仕方なくもありコワくも感じるのです。

.

例えば、私は旅行が好きだったのですが、それは行く先々でこの土地に暮らしたらどうなんだろう?

.

ここは自分の終の棲家となるだろうか?

 

.

なんて空想の世界を楽しんだり、海外の路地裏なんて散策するのが好きで観光地よりもむしろ路地裏巡りをしていました。

 

.

キャンプに行っても知らない土地に行くのが好きで、一泊しては移動を繰り返すような慌ただしいキャンプでしたが、近年では子供連れで荷物が増えたこともあり、毎年同じところに滞在型のキャンプ。

.

旅行もめっきりいかなくなりました。

 

.

DVDを借りに行っても、1本は依然見たことのあるおもしろかったDVDを借ります。

.

初めてみる映画が外れた時のために保険をかけとくのです。

.

本もめっきり読まなくなりました。

.

人との会話も少なくなってきています。

.

世のおじさん達ってこんな感じな人が多いかな。()

.

ただ私は5歳の娘もおり、まだまだ気力をなくすわけにはいきません。

.

先日、ユニバーサルスタジオに家族と行ってきました。

.

妻は私は来ないのではないのかと、来てもつまらなさそうにするのではないかと思っていたらしいのですが、「とにかく楽しもう」と決心をし、朝一番に息子に付き合って絶叫ジェットコースターに乗ってきました。

.

心臓発作で死ぬんじゃないかと思うぐらいコワかったけど、20代にニュージーランドで100メートルを超えるつり橋の上から足だけゴムで縛ったバンジージャンプで飛んだこともあるんだから、「ジェットコースターなめんなよ」!!

.

好奇心とジェットコースターのつながりがいまいちでしたが、年を取ってきたら意識的的に新しいことにどんどんチャレンジする気持ちは持っていた方がいいかも。

 

|

« ウツになると好きな本も | トップページ | 巻き込みゴリラ肩猫背改善方法 »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事