« リラックスが苦手な人 | トップページ | 錯覚する脳「おいしい」も「痛い」も幻想 前野隆史著 »

2018年6月14日 (木)

首を反らせなくなってきたらストレートネック

になっている可能性があります。

.

ストレートネックの主な原因は、スマホやパソコンの画面を見ているときのような、頭がうつむき加減、顎が前方に突き出た姿勢が続くことです。

.

頭部を支えるために首の後ろの筋肉が収縮して、常に緊張状態となり、次第に筋肉が硬くなってきます。

.

そうなると首を反らすのも窮屈になり、ガチガチの首になってきます。

.

さらにその姿勢が続くと頸椎の前腕カーブも失われるので、頭部の重さの負担がダイレクトに首の関節にかかり、関節もガチガチ、完全なストレートネックとなってしまうのです。

.

ストレートネックになっても自分ではなかなか気づけません。

.

頭を後ろに倒しづらくなってきたら関節が硬くなってきていると思ってください。

 

.

予防、対策をとっていかないと、首のコリだけでなく、もっとたいへんなことになってきます。

.

関連記事

 ↓

 

 いつも首が凝る人は関節も固まっている

 

首が硬い人は、こんな症状も訴えています!

首が凝るのは頭が前に出ている首猫背が原因

 

スマホの使いすぎで子どもまで首凝り

スマートフォンの姿勢からくるストレートネック健康被害

.

枕が高いと首が硬くなる

|

« リラックスが苦手な人 | トップページ | 錯覚する脳「おいしい」も「痛い」も幻想 前野隆史著 »

首の痛み・凝り」カテゴリの記事