« 錯覚する脳「おいしい」も「痛い」も幻想 前野隆史著 | トップページ | JIRO整体結婚相談所!? »

2018年6月21日 (木)

脳を芯から癒す本  高田明和著

若い人の悩みごと聴くのってけっこう楽しい。

.

とくに恋愛の悩みなんていい。

.

これが年寄りの悩み事になると90%が病気。

.

楽しい話ではない。()

.

10歳の長男は学校の話もよくするし、ときにはマンガの内容など1時間ぐらい平気でしてくる。

.

男子らしい。

.

ときに友達関係についてアドバイスを求めてくることもある。

.

参考になるような本を買ってあげたら夢中になって読んでいた。

 

.

子供の話は、なるべく聞いてあげるようにしています。

.

お客さんの話も聞きます。

 

.

ただ「聞きすぎない」ことも大事です。

.

悩みを喋りすぎていると自分が被害者だと思い過ぎたり、記憶を膨らましすぎて袋小路に陥ってしまったり、悩みごとを喋りすぎた自分に自己嫌悪を持つ人もいます。

.

悩みを喋って気が晴れるのと、悩み事を喋りすぎて疲れが出るのとは、紙一重かもしれません。

.

だから私は適当なところで自分が喋るし、いつのまにか自分がメインになってお喋りしてたり ・・・ (;^_^A

 

.

笑いに転じたりと、そのぐらいがちょうどいいと思っています。

|

« 錯覚する脳「おいしい」も「痛い」も幻想 前野隆史著 | トップページ | JIRO整体結婚相談所!? »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事