« 暑くてばてているときは内臓休めなさい | トップページ | なぜ日本人は集団の圧力に弱いのか! »

2018年8月 8日 (水)

小4の息子を強く叱る時があります

息子が同じ失敗を繰り返すと、「昨日も注意したばっかりだろ!」と強く怒ってしまうことがあります。

.

私の場合、家で仕事をしているということもあり、息子と接する時間が長く、失敗が目についてしまうのです。

.

ただ、息子を育ててきたという自信もあるので、強く叱ったとしても仲がこじれるという感じにはなりません。

.

一応、夫婦同時には叱らないようにして逃げ道は作っていますが、内心叱りすぎたと反省す.ることも多々あります。

.\

叱るという行為で気を付けなければならないのは、親自身のストレスのはけ口として子供を叱ることです。

.

言ってみれば八つ当たりです。

.

夫婦仲がワルイとき、仕事で上手くいっていないとき、人生で苦しんでいるとき、

.

不甲斐ない自分自身が、子供に投影されて、必要以上に攻撃的な躾になってしまう時があります。

.

感情がおさまったあと、自分の心を冷静に見つめると自己嫌悪になります。

.

ただ、もし自分を見つめることができないとなると、叱りっぱなし、怒りっぱなしになるのではないでしょうか?

.

いつも親(私)が正義で、アンタがダメだから怒るのよと、自分自身にいくらでも言い訳で作れます。

.

それは子供に対してだけでなく、配偶者や他人に対しても必要以上に怒ることにつながっていきます。

.

息子よ、父は賢くない。

.

だから叱りすぎることいっぱいある。

.

だけどいっぱい愛してる。

.

いっぱい遊ぶ。

.

まぁ それで帳消しにしてくれよ。

.

と思いながら親やってます。

|

« 暑くてばてているときは内臓休めなさい | トップページ | なぜ日本人は集団の圧力に弱いのか! »

育児」カテゴリの記事