« ここに治してもらうために来ているのではない | トップページ | 今時の漫才はハイレベル »

2018年12月19日 (水)

頭で覚えたこと、体が覚えたこと

子供の頃に覚えた自転車の乗り方は、20年以上自転車に乗っていなくても自然と乗れるものです。

.

水泳やスポーツなどもそうですね。

.

体が覚えていてくれます。

.

大人になってマニュアル本で覚えたことは現場を離れれば案外忘れるものです。

.

頭で覚えた記憶の多くは大脳皮質や海馬で記憶されるのですが、早く覚えられるかわりには忘れやすい。

.

体で時間をかけて覚えたことは忘れにくいわけです。

.

だから比較的時間にゆとりのある子ども時代で、脳と体が発達途上時に得たものは身に付きやすいのです。

.

私は息子や子供たちに卓球を教えているのですが、基本の打ち方を反復練習で身に着けた子供と、指導者に基本の打ち方を教えてもらわずにゲーム練習ばかりをやっていた子供と同じ時間卓球をしていたら、最初のうちはゲーム練習ばかりしていた子供の方が試合では勝つのですが、基本の打ち方をしっかり身に着けた子供の方が後々伸びてきます。

.

反復練習と言えば、勉強も同じかもしれません。

ただし興味もないのに強制的に基本練習ばかりやらされたら競技自体が嫌いになったり、試験中心の勉強ばかり強制的にやらされた子供は好奇心そのものが徐々に失われてくることもあるようです。

.

10歳前後はゴールデンエイジと言いますが、この時何に興味を持って何をしてきたかは、その後にかなり影響があると言います。

子供の好奇心を刺激しながら基本の反復練習。

これが大事です。

|

« ここに治してもらうために来ているのではない | トップページ | 今時の漫才はハイレベル »

育児」カテゴリの記事