« 頭で覚えたこと、体が覚えたこと | トップページ | 友達ストレス »

2018年12月22日 (土)

今時の漫才はハイレベル

小学5年生の息子は最近よくM1や漫才王者決定戦などをテレビで見るようになりました。

.

学校でもその番組の話題で盛り上がるそうです。

.

.

私のお笑いは欽ちゃんから始まり、ドリフの8時だよ!全員集合。

.

俺たちひょうきん族、やすきよ漫才でほぼ完結しました。

.

だからそれ以降のお笑いタレントを見てもあまり面白いとは思わないし、興味もありませんでした。

.

それが子供が見ている漫才を、耳に入る程度で聴いていたら、なんだかおもしろそう。

.

しっかり見たら、いいや、これはすごい芸だということに気づいた。

.

ジャルジャルの漫才の「ある・ゼンチン」なんてリズムとテンポがよく、心地いい。

.

まさに完成された芸術のような気さえしました。

.

そのほか、和牛、優勝した何とか明星、兄弟漫才、どれもこれもすごかった。

.

よく昔は良かった。なんていうけど、漫才の技術は間違いなく今の方が上だと思います。

.

ただ昔の芸人は、人間芸というか、生き方が芸でしたから、そこが魅力というか、比べようがないんですけど。

.

まあ、だまされたと思ってM-1見てください。

|

« 頭で覚えたこと、体が覚えたこと | トップページ | 友達ストレス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事