« 家ではよい子の方がヤバい | トップページ | インフルエンザ予防方法 »

2019年1月16日 (水)

先日、話題の映画ボヘンミアン・ラプソティ

を見に行きました。

.

人気ロックバンド「クイーン」の名曲誕生秘話や45歳でこの世を去ったボーカル、フレディ・マーキュリーを描いた伝記映画です。

.

私自身は、クイーンのカセットテープ()を持っていた程度で特にファンだったわけではありませんが、妻が一緒に見に行きたいと言い出したので付き合い程度の気持ちでした。

.

それがもう最初から映画にくぎ付けで、世界最大チャリティーコンサートのシーンが始まってからは涙がぽろぽろ出てきて、ラストは魂が揺さぶられるぐらい深い感動を味わえました。

.

「自分はまだ映画で感動できる心が残っていたんだ!」

.

音楽ファンでもない、クイーンもあまり知らない。

.

それでもこの映画は見に行く価値があります。

.

そしてぜったい映画館で見た方がいい。

 

 

 

|

« 家ではよい子の方がヤバい | トップページ | インフルエンザ予防方法 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事