« お灸で治った! | トップページ | 家での子供の過ごし方 コロナウイルス »

2020年3月 2日 (月)

WHO「感染予防にマスク効果は不要」

今朝の中日新聞に書かれていました。

世界保健機構は新型コロナウイルスの感染予防に向けたマスクの適切な使い方の指針を公表。せきやくしゃみといった症状がない人は予防目的で公共の場でマスクを着用する必要はない。供給不足に拍車をかけないためにも過度の使用を控えるよう呼びかけた。

一般人でマスクが必要なのはせきやくしゃみなどの症状がある人で飛沫感染の防止に効果がある。

つまり人にうつさないためです。

一般人で症状がない人はマスク不要。これは今までのインフルエンザでも言われてきたことです。

とくに子供はマスクの表面を意味なく触り、マスクを外すときも触ります。ひもを持って耳から外すんだよと言って聞かせてもうっかり触るのが子供です。

食事や歯磨きなどマスクを外した後、そのマスクをどこに置くのかも困ります。

ウイルスが付いている可能性があるマスクをテーブルや机に置く。

ポケットにしまうのも衛生面でどうでしょうか?

ビニール袋にしまうのもマスクの内側と外側が袋内で交わるのではないでしょうか?

そういうことを考慮して専門家の医師でも、子供はとくにマスク不要。それより手洗いうがいが重要と言われる方も多々います。

ですが今日学校の預かり連絡として、名古屋市教育委員会の緊急メールでは、家庭の自宅待機ができないお子様は学校で過ごすことができる。その際マスクの着用等できる限りの感染予防をお願いします。体調不良のお子様は受け入れできない。と書かれてありました。WHO ではマスクでは予防できない。

お店に行ってもマスク売り切れ状態です。だけど学校に預かってもらうにはマスク着用。マスクしていない人への白い目。だからみんなマスクを買いだめ。売り切れ。転売・・・・ 本当に必要な人が買えなくなる事態。

マスクする? しない方がいいの?

こういうことを政府がしっかりと指針を示した方が良いと思います。

|

« お灸で治った! | トップページ | 家での子供の過ごし方 コロナウイルス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事