« コロナウイルスまでも名古屋飛ばしか! | トップページ | こんなときだからこそ楽しいことを意識して生きようと思う。 »

2020年4月19日 (日)

こんなときだからこそ、人の気持ち

もし私が結婚もせずあのまま東京で整体院を続けていたら、今の状況に精神的に耐えられるだろうか?休業してワンルームの狭いアパートで一人、いつ再開できるともしれず、じっとしている自分を想像すると恐ろしいです。

だから出歩きたくなる人の気持ちわかります。

今は名古屋で自宅兼店舗。仕事は休んでいても子供たちの世話で毎日忙しいので、孤独を感じるどころかむしろ孤独になりたいぐらいです。ずっと地元で家族や友人が身近にいた人があの都会の孤独感を想像するのは難しいかもしれません。

病院で働く人の子供が保育園などで差別を受けているという報道を見ました。

ただ院内感染危機が叫ばれている状況で子供同士の接触を減らしたいという保護者や園長の気持ちもわかります。もし保育園で園児や保育士同士で感染したら、、、たいへんなことです。

マスコミの情報でしか私は知らないのでどこまでが本当のことかわかりません。だから、それは差別だ!とか簡単には言わないようにしています。

病院で働く人で子供を保育園に預ける人でも、万が一自分が感染したときのことを考えて、園では子供たちの部屋を別にしてもらってもかまいません。といった考え方の人もいるようです。

それは差別。という人もいれば、リスクマネジメントという人もいるでしょう。やはり日ごろからのお互いの信頼関係でちがってくると思います。

ただ医療従事者に感謝の気持もなく、保育園に来ないで!ではそれはどうかと思います。

そんな人ばかりだといずれ日本の医療はパニックを起こすでしょうし、そんな国民ばかりだと日本は滅びるでしょう。

私は自分も身内もお世話になったことがあるし、今でも私の友達や妻の母もお世話になっているので病院で働く人たちを大切にしてほしいと願っています。

人は自分の置かれた環境で物事の善悪を判断しがちです。

不安感が強いときや疲労がたまっていると相手のことを考える余裕もなくなってきます。さらに言えば相手を攻撃することで一時の安心感を得ようとします。

不安はだれしもあります。

私もあります。ストレスもあります。

だから意識的に空を見るようにしているんです。

晴れた日、空を見ながら大きく深呼吸するんです。

|

« コロナウイルスまでも名古屋飛ばしか! | トップページ | こんなときだからこそ楽しいことを意識して生きようと思う。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事