« 何もない自分を受け入れる | トップページ | 身体の恐怖三大反応 »

2020年9月14日 (月)

自粛期間中の子供の成長。ピンチの時こそチャンスあり

コロナ自粛にプラスして、梅雨の長雨、猛暑で、外で遊ぶことができない日が続いていました。

心理学の専門家によると、自粛環境は、子供は大人の3倍心理的ストレスを抱えると言います。

それは私もよくわかります。自分が20代のころ思い返してみても家にじっとなんかできなかったと思う。

年を取ると活動量が減って、そんなに出歩きたいと思わなくなるんですよ。

うちの小2の娘もようやく学校に通えるようになったら今度は梅雨、そして猛暑でしょ。

暑くて公園にも行けないし、コロナで友達の家にも何となく行きづらい。

活発な子供ほど、ストレスはたまるでしょう。

しかし娘はこの夏、急に読書を始めました。一週間に一回図書館に行って6冊借りてきて、それを一週間で読み切るのです。

これは意外でした。

中一の長男はもともと読書好きでインドア派だったので自粛期間中、自分の好きなことができる時間が増えたと言って喜んでいたほどでしたが、妹は活発タイプ。

その妹が兄の影響を受けたのか、よっぽど暇だったからか、読書やオセロなど、インドア系に目覚めだしました。

親も娘が読書するようになるといいな~と思っていたので、自粛期間中の大きな収穫にです。

友だちとも遊べない。

家にゲーム機もない。

そんな環境だから図書館に行くことが一大イベントになって、いつのまにか読書好きになっていった。 

不幸中の幸いとはこのことです。

|

« 何もない自分を受け入れる | トップページ | 身体の恐怖三大反応 »

育児」カテゴリの記事